アスミール 副作用 下痢

 アスミールの成長期応援飲料&栄養機能食品ですが、下痢を起こすお子さんがいるかと思います。

 

 それはなぜ、お子さんが下痢になってしまうのか?アスミールの成分が問題になって起こるのか?を検証したいと思います。

 

アスミール自体には副作用はなし、下痢の原因は乳糖不耐症?

 

 

 お母さま方は元気に育てていきたいために、アスミールに飲ませていますよね。飲んで下痢になる原因は牛乳からきます。それがもしかしたら乳糖不耐症の症状だったりもします。

 

 これはアスミールの成分にはまったく問題なのですが、その原因は乳成分に含まれる、ラクターゼという分解酵素が消化吸収ができないときに下痢が起こるのです。

 

 この乳糖不耐症は日本人のほとんどが人が起こりうるので、牛乳はもちろん、成分に含まれるケーキやアイスクリームを食べたり飲んだりすると、お腹が下る傾向があります。だから牛乳やアイスクリームの食べ過ぎ、飲み過ぎには注意!というのがわかります。

 

 アスミールをお勧めしている飲み方は牛乳ですが、下痢が起こる可能性は十分にあります。アスミールは甘くておいしい飲み物です。しかし過剰摂取は禁物ですので注意したいところですね。。

 

カルシウムの過剰摂取も副作用の原因になる!

 

 

 アスミールと牛乳を飲むことでカルシウムの摂取量も多くなりますよね。もっと身長が大きくなりたいと理由でガブガブ飲んでしまう人も少なくはないはず!上記でも言いましたが、飲み過ぎるとすごく問題になりますよ!

 

 1日のカルシウムの摂取上限は2300mgになります。これを牛乳で例えるならば2リットル程度。だけどビタミンDが豊富ならば、カルシウムの吸収率が多くなるので、カルシウムの過剰摂取によって副作用につながるということです。

 

 カルシウムって外に排出される物質なのですが、以上にカルシウムを摂ってしまうと高カルシウム血症を引き起こす可能性もあるということです。

 

 主に症状的には便秘、下痢はもちろんのこと・・・乾燥、頻尿・頭痛・嘔吐・食欲の低下・倦怠感など・・・さらにひどくなると、筋肉痛・不整脈・骨痛などなど引き起こしす可能性があります。

 

 カルシウムの摂り過ぎには注意が必要です。またアスミールを飲みながら、カルシウムのサプリメントの組み合わせはやめましょう!

 

アスミールってなんで悪評ってついたのか?それを知りたくはないですか?